2011年01月31日

竹の子掘りしてきました。

 今日は、家から10キロほど離れた家の山の掃除をしに行きました。山は竹林で、毎年掃除しないと倒れた竹や落ち葉で荒れ放題・・。斧や熊手を持って入山。実は今年三回目の入山で、もう大体掃除は終わりました。
 


 きれいになった後、山でする事は・・・・・、竹の子掘りです。子供の頃から掘り続け、キャリアは20年越えました。もうベテランの域です(笑)。竹の子はこのような専用の鍬で掘ります。案外高くて、この鍬は7000円位します。


DSC00438.JPG
 


 今日の高知は寒かったのですが、竹の子達は日々すくすく育っているようで、今日も何本かの竹の子ちゃん達が、私に見つかってしまい、お縄となりました(笑)。



 まだまだ寒いので、型は小さいですが、苦味も少なく美味しくいただけます。今の時期の竹の子は灰汁も少なく、柔らかいです。



DSC00457.JPG



 こんな小さいやつまで掘らなくても・・・。と思われる方もいるかもしれませんが、ある程度掘っていかないと、竹だらけになってしまい、山が大変な事になってしまいます・・。可哀想だなと思いながら、バシバシ掘っていきます(笑)。



 ちなみにこのように小さい竹の子は、我が家では「角」と呼んでます。子鬼から始まり、閻魔様までクラス分けされていまして、今日の一番大きいのは、手下鬼という所でしょうか・・。



DSC00463.JPG



 明日の朝のお味噌汁に早速竹の子をぶち込んでみたいと思います。炊き込みご飯も作ろうかな。なにげに私は、料理巧いんですよ(笑)。そんな事より明日の筋肉痛を心配している今日この頃です。



 ちなみに灰汁抜きは糠を使うといいですよ。鷹の爪を一緒に入れればさらに良しです。掘ってから時間が経っていなければ、灰汁も少ないと思います。
posted by たっちゃん at 22:43 | 高知 ☀ | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 伝える履歴書 at 2013年12月14日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: