2019年09月10日

稲刈りの終わりとその後〜♪

 7月中旬から始まった稲刈りがようやく終わりました。我が社の稲刈りは9月の上旬に終わっていましたが、その後委託の稲刈りが少し続き、ようやく終えることができました。まだ二期作の稲刈りが残っていますが、それは11月頃になるので、とりあえず一段落ついた感じです。

 今年の稲刈り・・・総評すると、今年も微妙な結果になりました序盤は、品質、収量共に例年並みかそれ以上だったんですが、中盤に差し掛かる手前に台風が九州を直撃し、その雨風の余波もあって稲が倒れかけ、出穂したばっかりの稲が大きく影響を受けました。さらにそのあと高知に直撃する台風が襲来しその後も雨の日が多く、稲は完全に倒伏し、圃場は乾かず、稲刈りをするにも大変苦労する状態になりました。



DSC_0444.JPG



 この通り稲がべったり倒れています。特にミルキークイーンの倒伏がひどく、品質収量共に低下してしまいましたミルキークイーンは登熟前まで大変良い出来だったので、とても期待をしていただけにガッカリする結果になってしまいました。



DSC_0445.JPG



 アップの写真です。このように稲穂が土についてしまっています。この状態で気温が高く、雨が続いてしまうと発芽してしまいます。ミルキークイーンは特に穂発芽の影響が大きく、稲刈り時には倒伏した稲を無理やり刈るために、落ち穂が多くてかなりの減収になってしまいました。

 さらに収穫後乾燥、籾摺り時に品質の良くないお米を選別するのですが、その時も他の品種と比べて多くのお米が出てしまいました。そのためにミルキークイーンは収量が少なかった去年よりも減収という結果になってしまいました。
 

 ほかの品種は例年並みの収量があったのですが、台風や猛暑による影響からか、品質は去年と比べると少し良くない状態でした。一番最初の稲刈りの時は品質収量共に良さそうな予想をしていたのですが、またしても裏切られる形となりました。まあこればっかりは自然の為すことなので何とも言えませんが・・・とにもかくにも今年も大きな問題がなく稲刈りが終われたので、正直ほっとしています


 この先は除草に圃場の荒起こし、またハウスでの野菜栽培と忙しい日が続きますが、暑さに負けず頑張っていきたいと思います。モチ米の新米を期待されている皆様、モチ米は今のところすこぶる順調に生育中です。期待外れにならないように良い天候を祈ってもらえたらなと思います。今年の新米も、皆様に美味しく食べてもらえたら嬉しく思う今日この頃です・・・・。



posted by たっちゃん at 15:51 | 高知 ☀ | Comment(0) | お米ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: